筋肉の付け方は知ってる?

筋肉の付け方は知ってる?

細い体に筋肉をつけたい、そのつけ方を知りたい、という人は男性の中でもかなり大勢いるのではないでしょうか?

効果的に筋肉をつけるなら、どんなトレーニングが良いのか?

hdsjdkjshfskdjls

筋トレをしてムキムキになりたい、と思っている男性もいるでしょう。自分が細くて、痩せているのならなおさら、胸板の厚い男性が羨ましい・・・と思うようです。

女性もそのような男性を好む傾向があり、しかし細身は細身で好きだったりもします。しかし男性たるもの、やっぱり筋肉が欲しい、となると筋トレしかないのですが、どうすれば効果的な筋肉のつけ方ができるのでしょうか?

まず、高い負荷で、低から中回数のトレーニングを行うことです。ジムに通ってしまうと話は早いのですが、トレーナーから同じようなことを言われるはずです。

負荷は重いほうがいい。ただしその分回数をこなしたほうが筋トレとしての効果はつくというわけです。

筋トレは毎日しても意味がない、筋トレの目的は2つ

また勘違いをしている人が多いのが、毎日筋トレをしていると筋肉がすぐにつくと思っている人です。実際は、筋トレは毎日しなくてもよいのです。

毎日することによって筋肉が萎縮する可能性もありますから、筋トレとは逆の方向へ行ってしまう可能性があります。筋肉痛が残っている状態でも筋トレしないほうが良いでしょう。

筋トレで筋肉をつけるにも順序があります。まずはストレッチ、軽いジョグをして体を温め、筋トレに対する筋肉をほぐすことから始めます。

筋トレには筋肉持久力をつけるものと、筋肉を大きくするという2つのものがありますが、腕立てやスクワットは持久力の筋トレです。筋肉をつける筋トレとは異なりますから、それを最初に知っておき、適度な筋トレを行うようにしましょう。

筋トレ初心者はどこから鍛えればよい?

筋トレを始めるにあたって、多くの項目を選択するより、大きな筋肉を使うという点が重要になります。そのため、そのような構成の筋トレメニューを組む必要があります。

初心者はどうしても腕や胸板を厚くしたいと思ってしまいますが、初心者だからこそ、軸となる筋肉をつける必要があるのです。一度に多くのフォームをすることは難しい、大きな筋肉を刺激し、筋トレ効果が高まる、これが初心者のメニューで大切なことです。

まず、具体的な例からあげてみると、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などがあります。重要なのが足で、筋肉の大半は実は体の下半身についています。

足腰には大きな筋肉がずらっとありますから、そこを丹念に鍛えていくことができればエネルギー消費も非常に大きくなるというわけです。

oihjkdjlisjdlsk

食事、睡眠、とくにこの2つは筋肉を作る大元

筋トレで意識すべきことは、ダイエット、もしくは健康のために行うのであろうことでしょうが、必ずしも筋トレのやり方だけを覚えていたらそれで良いというわけではありません。

食事量、睡眠不足など、せっかく筋肉がいい状態でキープできているのに日常生活において筋肉が萎縮してしまうことは避けたいですね。

食事と睡眠は体を作るうえで最も大切な基盤となります。食事は主にたんぱく質を充分に摂るようにしましょう。睡眠も最低7時間は眠りたいものです。

そうするうちに眠っている間に筋肉細胞ができ上がりますから、良質な睡眠をしましょう。よく食べ、よく眠る、これが一番のトレーニング法なのかもしれません。

筋トレ サプリ

 

効率の良い筋トレ
カテゴリ
最新の投稿